日本には信仰の自由がある。

自分で作った想念を入れて、情けない思いをさせて(弱い部位を痛めさせたり、痛くなる行動をとらせたり、または、直接、念でもって痛くすることもある。しかも、3年くらい毎日など。)

新聞を読めば大丈夫だ、と自分たちの会の新聞をすすめる。現代の日本に当たり前にある。

コナン・ドイルは心霊研究をしていた

思い当たりはないですか?

先祖代々の宗教を変えさせられるほど、悲惨なことをされた。(けど、言えない。)
悲惨なことが何とかなるならば、宗教を変えても仕方ない。(もう、あきらめている。)

しかし、入信してしまうと、入信する前より少し楽になるが、やめさせないためになおさない。

そして、自分達と同じことをさせる。

常に相手と対立(距離と憎しみ)、気持ちはなくて、会の誰かが作った想念のイメージが相手と自分の気持ち、等。
入信する前よりもっと、悲惨な気持ちが入りやすくなり、言うことを聞かせられる。

日本には信仰の自由がある

恫喝によって、一神教に強制することをしてはいけないはずだ。折伏(しゃくぶく)とかいう言葉を使ってお化粧しているが。

信仰がある、自分たちにとって名前も言えないほど尊く聖なるものが宗教、信仰であるならば、こころと理性が大切なはずだ。

しかし、ゴロ1)自作自演で、必要のない需要と供給を生んでいるゴロツキと変わらない。 良さそうに見せて、証拠にならないようにしていて、政治の世界にいるからもっとたちが悪い。 に心がないことは多くの人達が知っている。

理性がなく心もなく、相手の心を痛めつける。 証拠が出ないように相手の体も痛めつける 。
聖なる教えであるはずがなく、価値など創っていない、公明正大になどできるわけがない噓つき、余計なことをして助けてやる(問題を作って、解決してやる)というゴロツキの集まりというのが本当のところだ。

なぜ広まっている?

決して良いわけではない。良さそうに見せている。なぜならば、悲惨、悪とわかれば広まらないから、良さそうに見せている。

良さそうに見せているだけでは、騙される人は少ないから、良さそうに見える想念をうつしているのだ。

目に見えるものだけで判断してしまえば

ゴロは、目に見える部分は多種多様で、証拠にならないような極悪なことをしながら、忘れさせるということもしている。
自分達は良いという想念、あの人たち(自分たち)はきれいだ、あの人たち(自分達)はそういうことをしない、という知っている人から見れば大笑いの思想を、周囲の人達にうつしながら生きている。

戦に向かうに違いない心を、ゴロにとって大事(おおごと)にならないように(自分たちが法律で罰せられないように、メディアでたたかれないように、禁止されないように)広めている集まりだ。

みんな

会に入ると同じ事をさせられ、底いじの悪い事ばかりするようになる。麻薬のように新聞を読むと少し楽になるというものだ。(自作自演)

善きことの反対のことを善きこと、聖なることの反対を聖なることとしている憑依されている人達。

憑依されている人たちの集団は、憑依霊も集団化しているから悪魔。

悪魔に憑依されている恐るべき人達である。

人を苦しませて、仲たがいさせて安心する、という特徴がある。

自分たちのしていることに、気づいたらやめるに違いない。

ゴロ(悪魔の憑依を受けている人)は、極端に徹底して酷いものだ。

まともな瞬間は、(「今は憑依されていないかも?」はない。)会をやめるまで、まともな瞬間はない人達だ。

怒りと悲しみ・苦しみでいっぱいの世界にしたがっている

気持ち・思いは、うつるということは、「気持ち・思いはうつせる」ということ。思いをうつせることを、悪用している。

気持ちを作って表現させている、という芸術なのか。

騙すために、ずらして芸術と呼んでいるのかもしれないが。

霊魂は、霊媒の頭脳から思想を借りはせぬ。ただ自己の思想を発表するのに必要なる材料を借りる。

浅野和三郎 著作「心霊講座」より

スパイ・詐欺・嘘の特徴

やたらとしっかりとしている。目を見る。ちゃんと正視する。やたら、ちゃんとしているように見える。はっきりとして礼儀正しい。疑いようのないような態度。

クイズ:仲たがいさせて安心する、と言えば?

ヒント:天使じゃなくて、反対の○○(矢印のような尻尾、大きな耳に高い鼻、大きな口。)

参考文献:心靈講座 読みやすい現代語訳 [ 浅野和三郎 ]

脚注   [ + ]

1. 自作自演で、必要のない需要と供給を生んでいるゴロツキと変わらない。 良さそうに見せて、証拠にならないようにしていて、政治の世界にいるからもっとたちが悪い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする