釈迦(ブッダ)の教え一覧

比べることは不幸の始まり。オーバは比べる思考をうつす

借金をさせて障害保険を契約させて、障害をおわせて支払わせる暴力的な集団の1人のような言動のアラスカ(道化師のこと)。視野を狭くする一本しか見えなくするの危険ということ。遊び休みのない仕事だけは汚く迷惑になりやすい。何事も全て仕事は心が荒む。

皆はそうだ。皆でしよう。みんなで仲良くしましょう?

善悪の区別をなくさせ善悪の念を正反対にしようとする手法に何でも言うことを聞くのが良いという動機が不純で、思いやりとは逆さまの「悪党の言うことを聞くのが良い」にさせる手法。他人の言うことを聞いていれば何をやっても良いと言う教えが基本の悪党たち

自殺防止へのはじめの一歩

富と名誉など何でも思いのまま、使徒アラエルの精神汚染(憑依)と同じことを行っている悪魔達。罵り、精神汚染によって心を傷つけ、怒りと悲しみで満たす。精神汚染(あなたの心に侵入して)思いのままに操り、自分達は明るくてきれいで正しいと広めている。

「八正道」を守ろう。無明、顛倒を広めるのをやめよう。vol.2

「顛倒(てんどう)な人達」を「アラエル」と呼ぶことにする。エヴァンゲリオンの使徒アラエルから名づけた。物理的には届かないところから「精神、心、霊、魂、幽体」を汚染するから。アラエルはマーラ(悪魔)と二人三脚で多くの善良な人達を汚染している。

「八正道」を守ろう。無明、顛倒を広めるのをやめよう。vol.1

顛倒(てんどう)な人達は物質主義(心より物が大事)で唯物的な考えで、正しそうに見せながら、ターゲットを思い通りに「思わせて」言いなりにさせようとする。絶対者に従うサイコパスな集団を形成している。サンガになっていないことで釈迦にまた反している。