物は有限。心は無限。

原発は、コスト安い、永遠のクリーンエネルギー、多重防護服で絶対安全というのは嘘でした。

安全基準は、世界の原発を5だとすると、日本は3未満でした。

2011年から2018年までの7年間ほとんど原発ゼロでやってこれていました。
電力に占める原子力発電の割合は2%くらいで、稼働していたのは0~2基でした。

間違いなくこれからも原子力発電なしでやっていけるでしょう。
自然エネルギーがもっと進んでいくはずです。原発に対する日本国民の意識も変わったからです。

節電を続けていくことで、この状態が当たり前になることは、この7年間が証明しています。

電化製品についてですが、太陽光発電内臓の電化製品などとともに消費電力の少ない商品がどんどん出てきます。

食事は、少し照明が暗い方が美味しいのです。ムードもあります。おうちでもお店でも照明を少し暗くして、間接照明などで食べると良いでしょう。
食事くらいでしたら暗いところで目を使いすぎたから視力が落ちるということもないはずです。

食事を外でと言えば、飲食店の光る看板。繁華街のネオンです。札幌のススキノなど、ネオンの明るい看板が必要でしょうか?わかりやすく目立たさせないというのは分かりますが、けばけばしい色、明るすぎる眩しい色ではなくて、看板は、店がここにあると、わかればいいのではないでしょうか。

看板よりも中身のはずですし、中身が良ければ、看板は光らなくてもネオンでなくても良いはずです。

原子力発電や火力発電で作った夜景など、そんなにありがたいでしょうか?綺麗でしょうか。

景観を良くすると、もっと外国人客などに受けが良くなりますし、日本国内の客層も良くなるでしょう。

物は小さく分割していけます。ただ、広がっているだけのものです。しかし、限りがあります。
分割できない人間の無限の精神(心)が無限に欲しがれば、無限にあるのでしょうか?
物は有限。心は無限。無限の心が物を無限に欲しがれば、どうなるか?

農業の大規模化は良くないのに、2019年1月現在、日本政府は着々と農業の大規模化を進めています。

農業の大規模化が良くない理由は、少し考えるとわかります。農業の大規模化が良くない理由は、単一栽培となるので単一栽培の弊害があります。
疫病になりやすくなります。火事が起きやすくなります、気候に左右され安い農業が大規模だと水不足になると大変です、そして動物が減少します。

人工島、月面着陸、バーコードを読み込む赤い光、それら科学の発展に使ってきた頭脳を本当の平和(心と物質、両方の世界平和)と化石燃料、火力発電、原子力発電、武力などに依存しない社会に向けていきたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする