無明を広めたいオーバ達。提婆達多の思いやり。ゴータマさんの七法

なんでもかんでも受け入れさせて、思い通りに操るために。善悪の区別もつかないようにするために。気を抜けたような、あやふやな気持ちでいさせたいオーバたちに共通している言葉と行動。

オーバたちは皆をこうしたい

良さそうに騙すのは、雰囲気、浮ついた思いを含めた見た目だけの「悪名」そのままで中身(心、思いやり)がない。

悪名の高さは、生首新聞(オーバの機関紙)などで確認できる。

ワガママ、イジメ、ヒースクリフ(嵐が丘)、アドコックス(バックドラフト)、加倉井(緋牡丹博徒)は、現実に存在しているオーバたちに、ふさわしいニックネーム。

根底にある気質、根本的な性格、基本の人格は、渚カヲル(新世紀エヴァンゲリオン)、大庭葉蔵(人間失格)、ジコ坊(もののけ姫)である。

※見た目がすべての見栄坊でもある。

ワガママ・・・・安くてこういうイージーパンツがいい、と一緒にいた同級生2人に買わせてしまう。なぜ買ってしまうのか?自分で考えて買わないのは、透明な水が心地よく流れるのを止める別次元の行為で、しかも突然気合が必要となる、しかも周囲から「いさかい」が起きてしまうような気がして、勧められたまま買ってしまう。

「家では皆ダラダラとした服装で、パジャマかパジャマのような服装でいる。普段着のA子はすごい。家でもちゃんとした服装をしている。ありえない!お嬢さんだから、家柄だから!」とやたらと大げさに言っていたが、今思えばちゃんとした服装でいるのは当たり前だ。

イジメ・・・・・部屋ではみんなパジャマ代わりしている部屋着がいい。皆ジャージがいい。俺はそうなんだけど。みんなでパジャマ代わりにしている部屋着で過ごそう。

ヒースクリフ・・・・・・ターゲットにしている友人に「1日中パジャマでいるのも素敵」などと何度もすすめていた。

アドコックス・・・・パジャマにしているようなパジャマにしか見えない、ひょっとしてルームウェア(部屋着)のような服装で、車を運転しているのを1回以上はっきりと見た。休みの日、近所や近所のコンビニやスーパーにはパジャマでどうのこうのと、何度も私に聞いてきた。「俺行ける」だったか何か言っていた。

加倉井・・・・・本物はだめ。古着、ボロボロはいい。チープなものがいい。本物が多い店には行ってはだめだ、いいものがない。こんな服装できるのは私しかいない。

雰囲気、オーラ、気として、良さそうな明るそうさ優しそうな正しそうな光、清潔で潔白の思い、水色がかった雰囲気、映像のようなものを思わせ(心眼、霊感に見せる)、見せる。

なぜ?見せていないとどうしようもないから。

相手のカン(いわゆる第六感)にまで、良さそうに見せていないと、自分たちの心、素性がばれると思っているから、騙したいから、支配したいから。

「人間失格」の大庭葉蔵のように、お道化をしていないといけないのだ。

オーバの光は、原爆の光、汚染の光と考える。

人は、明るく照らされると何も考えず「良い」と受け入れてしまいがちになる心理を利用した霊術(思い御霊、生き霊、憑依)である。つまり騙そうとして騙している。

多くの善良な人はしない。心ないことだからだ。

名前に(たとえに)使っている提婆達多の話

ゴータマさんのお体の様子を気づかいながら、ゴータマさんに引退をすすめて自分が引きつぐと言った提婆達多(ダイバダッタ)。

ゴータマさんは提婆達多の目的を知っていたから、悠然として「まだ大丈夫だ」ということを答えた。ゴータマさんの弟子たちは喜んだ。

しかし、ダイバダッタは憎悪の表情だった。
ゴータマさんの弟子たちは、ダイバダッタは何か復讐をするのでは、と心配した。

「あなた様のためを思って言っているのです。」

と提婆達多は、ゴータマさんに言った。

自分の利益のために動いていながら、あなたのために、私はあなたを思いやって言っているのだと。そして、あなたの体のために、あなたのために・・・・・しかし、本音と様子は、反対に怒って何か仕返しをするに違いない、と周囲の皆が思うほど。

次に、提婆達多が起こした行動

ゴータマさんの弱点を探ること。どうすれば実権を握ることができるのか、と考え相談した。提婆達多は相談して悪事を行うことがよくある。

提婆達多「自分達は、厳しい戒律を作って守っている。」

釈迦(ゴータマさん)の七法

自州法州を大切にしたい。ゴータマさんの法を増長させて損耗させない法「七法」を紹介する。

一、事少なきを楽しんで、為すこと多きを好まないことだ。
二、静黙を楽しんで、多言を好まないことだ。
三、睡眠を少なくして、暗迷でないこと。
四、群党のために、無益のことをいわないこと。
五、無徳なゆえに、自分をほめないこと。
六、悪人と共にならないこと。
七、閑静なる山林を楽しみて独処すること。

参考資料

釈迦 (岩波文庫) [ 武者小路実篤 ]
バックドラフト [ カート・ラッセル ]
悪名 [ 勝新太郎 ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする