平和と言っているけど、わかっているだろう?

狂人は見た目にわかるが、狂信者はわかりにくい。
平和をわかりやすく掲げているが、普段の言葉・行動・思いはその反対。

100歩譲って話をするように、100万光年かかる距離の歩みをゆずって、その手合い達が大きく掲げ叫んでいる「平和」のための行動だ、と信用するとする1)注意:百歩譲って、と少しでも譲ってしまうと、相手の心は当然ないものとして機械的に攻めてくる。ディベートのテクニックのように、1つでも自分の正当性が認められると、そこから相手の人格を無視して攻めてくる。

そうすると、それに対する手合いたちの思い・言葉・行動は、実のところ全く反対なのだから、これは間違いなく狂っていると言える。人の正常な愛念や善きことを反対にすることを奨励している会なのだ。

狂っていないのならば、手合いの主張するわかりやすい「平和のための言葉と行動」は、計算したウソである。支配するためのパフォーマンスであり、勢力拡大のための表現技法のお披露目である。
強い「見た目だけでいいのだ」という本音がある。「見た目だけだけでなくてはならない」というのが、手合いの真骨頂なのだから、平和の反対の活動を水面下で行っている。

自分達は世界平和のために活動している、というわかりやすいウソ2)その事については、実は多くの人たちが知っているが、どうにもならないとあきらめている

手合いたちは、政治団体、政治家になりきって、憲法改正において自衛隊とその行動範囲について、明らかにすること等に反対する行動を起こしている、とメディアを通じて宣伝している。と仮定すると、「世界平和のために活動している。世間一般の人たちもこれを見ている。」我々は現在のまま悪を行って大丈夫だ、というわけだ。

騙されてしまいやすい世間一般の人たちと、会員に向けた大きなパフォーマンス3)手合いは芸術的表現と言っている、狂信者の行為である。

平和のために活動している部分がある、と見せておけば、自分たちの活動の本当の動機と成果を知っている人たちや、知りはじめた人たち、会員のなかで不安になっている者たち、友人、知人を誤魔化せるというのが本当のところだ。

会員のなかの賢明な方へ。退会すれば仕事をやめさせられる、商売ができない、自殺させられるなどの不安があるようですが、退会は第1歩にすぎません。大勢で退会すれば、やめた人への嫌がらせ、会員への見せしめも、あまりできないでしょう。

ウソも方便。赤信号みんなで渡ればこわくない、の精神はこんな時には役立ちます。

メロンの写真

「平和」に向けての表向きの言動

「平和」を掲げる。こういう風にして、おかなきゃいけないから。

「平和」と言う。こう言うことになっているから。

「平和」のために、わかりやすく反対する。こうすれば大丈夫だから。

実は平和に反対している。本当の平和にならないようにしながら、見た目だけの言葉と行動で、見た目だけ平和のための活動をしている。真の平和にはならないように。

手合いは芝居をしている。そのことを自覚している。

やっていることとは、平和と善き事の反対の悪である。

見た目だけの平和というスローガンがわかりやすい。見た目の行動はしているが、平和には本当はさせないという悪だ。

手合いは、あなたのふりをして、あなたが見るもの聞くもの読むものに対して、怒ったり、弱ったりする。

脚注   [ + ]

1. 注意:百歩譲って、と少しでも譲ってしまうと、相手の心は当然ないものとして機械的に攻めてくる。ディベートのテクニックのように、1つでも自分の正当性が認められると、そこから相手の人格を無視して攻めてくる。
2. その事については、実は多くの人たちが知っているが、どうにもならないとあきらめている
3. 手合いは芸術的表現と言っている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする