あなたの気持ちではない。後になってわかるが思おうとしても思えない

わかっていないと騙されるから、悪魔の手法を覚えておいてほしい、という動機で書いている。

悪のイメージで宣伝していたら悪は広まらない

善のふりをしている、平和・友愛などの美辞麗句は、うたっているだけ。平和・友愛などの美辞麗句は芸術的表現、お芝居であって、本当に平和・友愛の世界を目指している人たちのお株を奪っているだけ。

お株を奪っているだけにとどまらずに、平和・友愛の世界にならないようにしないといけないと、決め込んでいる手合いの手法について。

悪魔が、互いに闘わせ破滅に続く世界を作りたいと願い、意味のない我慢や辛さ、身からでたサビの努力、苦しみから逃れるための苦しみを善しとする、不幸を良しとする思想や支配を、日本から世界中に広めようとしても、悪いことだとわかりやすい、と広まらない

We’re saying peace, but don’t really be.
私たちは平和と言っているが、本当に平和にしてはいけない。

手合いたちは、「私たちは平和と言っているが、本当に平和にしてはいけない。」と強く子供のころから教えられている。

悪魔らしい印象では、悪魔の支配と教えは広まらない
ブルーや水色、なめらかに光り輝く光のオーラのようにして、悪を広めているに違いない。いや、広めている。
定番(基本)

「くさい」「お前、くせぇ」と誰もが嫌がり傷つくような、言う方も嫌になるような、ひどい言葉を浴びせる。(呪いの言葉と覚えると良い。方言、アレンジ、応用がある。)

「うざい」など、問題となっているような時代の流行りのような、ひどい言葉や行動を大きく、わかりやすく目立つところでも、してみせる。悲惨な言葉と行動を誰かに(学校ならば教師など、職場ならば先輩、上司などに)注意されると、テレビ・雑誌などメディアのせいにする。(責任転嫁)

悪魔が悪魔らしいイメージで本当のことを宣伝していたら、悪の支配を広めている途中で、多くの人の持つ良心によるものによっては勿論のこと、世間一般にも問題視され、ストップされる。大きく広まることはない。政治の世界に入れない

悪魔が取り憑いているような人とは、距離を置こう。

顔見知りの場合、無視すると騒ぎ、問題を大きくするから、無視するわけにはいかない。

どうする?

なるべく関わらないようにする。

相手を不快にさせ、嫌な思いをさせ、ショックを与える言葉や行動の後に、手合いは仲良くなろうと寄ってくる。自分は一人ではなく仲間数人はすぐ近くにいるというような話と、素振りで寄ってくる。

テレビで見て、実際に接して、印象を受けて、人が変わる

見たものになる。接した人になる。

テレビで見た人物、実際に接した人、印象を受けた人や言葉に「なる」

テレビで見た、実際に接した、感銘を受けたなどの影響を受けて、自分に影響を与えた人になってしまったかのような自分。もしくは影響を受けて、うつったかのように思わせて、実は近所の手合いの仕業であることが多い。

周囲から見れば、 行った場所や会った人の影響を受けて、影響を与えた場所や影響を与えた人そのものになったような印象を受けるが、実は近所の手合い1)低級霊・低級自然霊・悪霊の集合体(悪魔)の憑依により、悪を広めている人たちの手法に過ぎない場合がある。

手合いは、もちろん対立を促している。

手合い対策

冷静さを失ってしまい、手合いの手のひらに乗ってしまうと、勝ち負け・上か下かと手合いが広めたい、支配したい価値観・思想がはいりやすくなる。
物質的なモノ、肩書き、権力、金、地価、見せるための行動などで、差別意識、カーストか士農工商よりひどい魂そのもの差別意識を作って、「口がきける、口がきけない」という思想で脳を支配する。

手配の手法を見破っても

頭を使って何かにつけて、手合いの価値観においての勝ち負けに、理論や理屈で勝ちまくっても、結局は、「お前は○○だから」と(○○には名前、存在自体)強い思念で、お前はとにかくだめだ。何かにつけて下、負け、口がきけない方に位置づけして、極端な弱り、怒り、悲しみの思想になるようにする。

さらには、何かにつけて「自分は対象と比べて下、負け、口がきけない方に違いない」という理由を考えさせ、結論づけさせて、世界全体が同じ価値観と思想だ、と思い込ませる。

現世に見えない世界などない、物(成果、肩書など含む)がすべて、と強く思い込ませる2)現世に霊的世界などない、物がすべて、と強く思い込ませる行為は、国会会期中、選挙期間に比較的多い。

手合いの手の内

反対にするのが、基本であり得意技であり奥義である。

闘わせることで不幸にしたい。

手合いの想念に対して

反対にしない。闘わない。おだやかな気持ちを心がける。

ただし、言うことを聞いてはいけない。

例:手合いの作ったルール、アドバイス、禁止事項など。

結果が同じ言動しかないにしても、自分で考えてからにする。

  • 楽しみはたくさん持つ
  • 多趣味にする
  • 1つにしぼることに、こだわらない

闘いは良くないが、ルールのあるスポーツは良い。
ただし、ボクシング・格闘技は避けた方が良い。

野球、ラグビー、柔道、柔術、水泳、競馬などスポーツ全般は良い。

近所の手合いが得意とするスポーツ・趣味などからは、遠ざかった方が良い。
近所の手合いと一緒に遊んだり、取り組んだり、思い出のあるスポーツや趣味からは、遠ざかったほうが良い。

「できる」「できない」
してはいけないこと、できないこと。

強制収容所。発想自体が浮かばない残酷なこと。想像もできないことをした人がいた。

悪魔は言う。

できる3)悪魔の言う、できることとは、想像もできない、発想もない残酷・非道・極端なこと、善い行いの反対の行い、を含んでのことである。ことは、何でも素晴らしい。
「できる」とは全てのことにおいて尊敬をするべきだ。

自分と比較して考えなければならない。

○○○はできる、あなたができないとなれば、できる人を全身全霊で尊敬すべきだ。
出来る人は先生だ。
明るく面白そうに太陽のように,包み込むつもり(実は、極悪非道、冷酷だから)で、できる自分を尊敬して、先生と思えと悪魔は教える。

○○ちゃんできるの?
私できる。(悪魔は言った)

あなたの気持ちではない。

苦しめたい、不幸にしたい、少なくとも荒い波動、悲しみ、迷う心境にさせておきたい。自分たちの言うことを聞かせ、自分たちが思い通りに操りたいという近所、もしくは学校、職場の手合いたちの作った思想である。

反対の思想で、あなたの脳を動かしているのだ。

自分の気持ち?自分の考え?おかしいな、と感じたら、おそらく、あなたの気持ちではない。

あなたの気持ちであれば、自分の考え?自分の感情?など疑問はわかない。迷わない、悩まない。

少し経ってから(手合いの憑依がない時)

自分で思おうとしても、思えないということからもわかる。

脚注   [ + ]

1. 低級霊・低級自然霊・悪霊の集合体(悪魔)の憑依により、悪を広めている人たち
2. 現世に霊的世界などない、物がすべて、と強く思い込ませる行為は、国会会期中、選挙期間に比較的多い。
3. 悪魔の言う、できることとは、想像もできない、発想もない残酷・非道・極端なこと、善い行いの反対の行い、を含んでのことである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする